saaik blog

英語が話せるようになりたい。海外22カ国渡航の記録。ゴルフも日々練習中。テニス歴は24年。

0.5%アルコールビール ビアリー 普通においしい

アサヒビールから発売された0.5%アルコールビール「BEERY(ビアリー)」に少しハマっています。 コロナ禍でストレスの捌け口を失い、家で飲酒することが増えましたが、ここ半年くらいは龍馬1865というノンアルコールビール を愛飲し、アルコール依存症からの…

楽天プレミアムカード ダウングレードに掛かった手間

年会費11,000円を払いたくなくなったため、6年間保有した楽天プレミアムカードを楽天カード(ノーマルカード)へとダウングレードしました。 コロナ禍で海外旅行へ行けなくなり特典であるプライオリティパスを使う機会が無くなってしまった事もダウングレー…

パリにはコインロッカーがありませんでした。

錦織選手が対戦相手の棄権により全仏オープンでベスト16に進出しましたね。きっと誰も期待していないでしょうが、こんな時にこそ優勝してくれちゃったりしませんかね。ナダルさんとジョコビッチさんは反対側のドローにいることですし。 2012年のことになりま…

アイアンとサーブの共通点 リズムを保つ

クラブやラケットといった道具を使う点でゴルフとテニスは似ていますね。 一方で、常に止まっているボールを打つゴルフに対して、テニスは対人競技ですので動いたボールを打つ点で大きく異なります。 そんな中でも、自らトスを上げてボールを打つサーブはゴ…

ビットフライヤーとコインチェックの違い 取引所での最小購入単位

ビットコインを購入するのに有名な仮想通貨取引所としてCoincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビット フライヤー)があります。 モノは試し、 仮想通貨を購入するために初めに開設したのはコインチェックでした。 いざコインチェックの「取引所」でビット…

都内でレフティパターが揃ってる店 2選 

レフティ にとって悩ましいのは試打がなかなかできないこと。 パターに限らずゴルフクラブは現物のフィーリングを確かめてから購入したいところですが、そもそもレフティパターを沢山取り扱っているお店は希少です。 そんな悩みを少しだけ解決してくれるレフ…

風変わりなテニス選手 ドルゴポロフ

ウクライナのプロテニスプレーヤー、ドルゴポロフが引退を発表しました。 テニス雑誌でとてもトリッキーな選手と紹介されていたことから興味を持った選手でした。 その雑誌では″ゼンマイ仕掛けのようなクイックサーブ”と称されていましたが、予想以上のクイ…

え、ニューヨークって花粉飛んでますの?

私は過去3度ニューヨークに行ったことがあるのですが、 満を持して行った3度目のニューヨークでは完全に花粉に打ちのめされてしまいました。 2度目のニューヨークは年末年始(2017年12月)のタイミングで、大寒波が襲来した年だったことも重なって 極寒さに…

意味あるの? レジ袋有料化

レジ袋の有料化、非常に評判悪いですよね。 私はエコバックを持ち歩こうと努力はしていますが忘れることも多いため、そんな時は迷わずレジ袋を購入しています。 レジ袋が「プラごみ」に占める割合は1.7%と言われているため、この対策が地球規模の「プラごみ…

「全部受け止めて‥」  創価大アンカー 小野寺勇樹選手

3分は180秒だから10区間が20kmとして1kmあたり9秒(180秒÷20km=9秒/km)詰めないといけないのか。 最終区でタスキを待つ小野寺君の顔を見て 「この子大丈夫かな」 と思いつつも流石に3分差を逆転するのは難しいか と勝手に試算して昨日は大学駅伝の結末を見…

スタバのカフェミスト ミルク多め

スターバックスラテとカフェミスト、 なんとなくスターバックスラテの方がミルク含有量が多い気がしていました。 正確には以下のようです。スターバックスラテ エスプレッソ(25%) + スチームミルク(75%)カフェミスト コーヒー(50%) + スチームミルク…

お酒を飲みながらオンライン英会話

もうかれこれ2年弱オンライン英会話を続けていますが、 今日はワインを飲んでからレッスンに臨んでみました。(普段はシラフで受講しています) 結果、けっこう弾けられて良いなと思いました。 むしろこのスタイルの方が良いのではないかと。 少し酔っ払って…

リアル 15巻

前作(14巻)から6年ぶりに新刊が発売されていました。 この作品は誰が主人公なのか迷うところがありますが、 15巻は高橋くんと野宮の関係性がフォーカスされていました。 昔は仲良かったんだ、と思いました。 今回の話のストーリーからは、 野宮が高橋くんを…

電車とホームの間にズッポリ

本日、とある女性が電車に乗る際に足を踏み外して 電車とホームの間にズッポリはまり込む場面に遭遇しました。 そばに居た男性二人が両脇から抱え上げて事なきを得ましたが、 直後に電車の扉が閉まるタイミングだったため間一発でした。 私も男性二人のポジ…

ハルシュタット湖 オーストリア世界遺産 その1

オーストリアの世界遺産で少しトラブルに見舞われたお話です。 海外旅行中は写真を撮らない。 この光景を目に焼き付けるんだ。 海外一人旅を始めた頃、私の中でポリシーにしていたことでした。 そのポリシーは、ハルシュタット湖の美しさの前に脆くも崩れ去…

鏡で自分の後ろ姿を見てビックリ

本日テニスの試合で両足のふくらはぎを攣ってしまいました。 ダブルスを終えた後のダブルヘッダーでのシングルスで 2ゲーム目くらいから早くも左足が攣り、 4ゲーム目くらいから右足にも来てしまいました。 家に帰ってから大鏡で自分の後ろ姿を確認してみる…

徒競走でビリケツ

甥っ子が幼稚園の徒競走でビリケツでした。 直接観に行ったわけではなくLINEに送られてきた動画を観ただけなのですが。 走り方を見る限り、 確かに速くは走れなさそうだなと思いました。 ただ、その一生懸命に走る姿と ゴールに着いた時の笑顔になんとも胸が…

横取りクレーム メルカリ

先日メルカリで出品していた商品(ネクタイ)を横取りされたと激しいクレームを受けました。 不要なネクタイを数本出品しているのですが、 11月に入りクールビズが終わりを告げたためネクタイに対する関心度が少し高まった気がします。やはり商品を転売する…

海外一人旅で困る事。 弾丸パリ一人旅 その2

海外一人旅で困る事の一つに夜の食事があります。 パリ到着初日、 ホテルにスーツケースを置いて街に繰り出しました。 歩き疲れて時間も遅くなってきたので、 ホテルに戻りがてら、 ホテル側で見かけたレストランを目指します。 パリのレストランはオープン…

チケットを持たずに全仏オープンへ。 弾丸パリ一人旅 その1

当時はネットを調べてもチケットの買い方が分かりませんでした。当日券か最悪はダフ屋から入手出来るだろう。そう考えてフランスに飛び立ちます。2012年5月。これが初めての海外一人旅でした。 社会人になって5年目。平易に日本にいる事に心がカラカラになっ…

読めばテニスが強くなる

20年ほど前のテニス雑誌にはこの本の広告がよく載っていた。ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる作者:ギルバート,ブラッド,ジェイミソン,スティーブメディア: 単行本 著者は世界ランキング4位にまで上り詰めたプロテニスプレーヤー。 悪童ジョン・…

すぐに売ってしまえ、の購買法

欲しい本をお得に手に入れる方法をご紹介します。 いくつか前提条件があります。・その本を所有しないこと ・人気(需要)のある本であること 結論は 読み終わったらメルカリなりヤフオクで直ぐに売り払ってしまう、です。 この方法には 精神的に克服しなけ…

悪徳両替商 インド男一人旅 その5

海外旅行で重宝している財布があります。 それがこちら。 ・一枚革で非常にコンパクトなのと小銭が取り出しやすいです。 ・カードも4枚くらい入ります。 悪徳両替商との戦い渡航前の事前リサーチで両替時にはとにかくイカサマされないことと叩き込まれていた…

帰り便で得した体験 インド男一人旅 その4

タージ・マハル観光を終え、ダンディーなお抱えドライバーに空港まで送ってもらった私は、思いがけずお得な体験をします。 インディラー・ガーンディー国際空港に早く着き過ぎる"でも"少しだけ分かりますか?早めに空港に到着し搭乗手続きのカウンターで2番…

逆ザヤで転売するとどうなるか メルカリ編

本日、逆ザヤでジャケットを転売しました。理由は送料が思った以上に掛かってしまったからです。PUDOという便利な宅配ボックスに持っていったところ、画面に表示された送料は700〜1,400円。 600円で購入頂きましたがメルカリさんに販売手数料10%(60円)を持…

出国トラブル(e-visa編) ウラジオストク 一人旅 その3

近年ウラジオストクへの旅行が人気になっている理由の一つにe-visaの導入が挙げられます。※2017年8月よりロシア沿海地方の空路と航路の入国に限り、電子簡易ビザのネット申請が可能になりました。 日本人の方ですか?マリインスキー劇場でバレエを観劇後、タ…

猫カフェと北朝鮮レストラン ウラジオストク 一人旅 その2

私は無類の猫好きなためガイドブックに猫カフェが載っているのを見つけた時は心踊りました。街中でも猫を見かけると書いてありましたが、そんなに出会うことはありませんでした。 旅行中雨が多かったからかもしれません。 道路が冠水したため徒歩からバス移…

運動神経の良い子供の育成法

これは私の卒論のテーマでした。結論は、10歳までにその競技を始めること。 中学生(12歳)から始めた硬式テニスが上手く出来ず、思い悩んだ高校時代。"自分は運動神経が良いはずなのにな" "なんで自分より足の遅いアイツに負けないといけないのかな"そこか…

美しきタージ・マハル インド男一人旅 その3

タージ・マハルの美しさには心を奪われました。首都デリーから車で4時間ほどの距離にあるアーグラーにタージ・マハルはあります。 旅程に余裕の無かった私は、デリーにある日本の旅行代理店に一人ツアーを申し込みました。 ツアーといってもお一人様ツアー…

雄大なるガンジス川 インド男一人旅 その2

ガンジス川はとても雄大で壮大でした。水は汚く濁っていますが、ヒンドゥー教徒が聖なる水で沐浴をしています。 欧米の観光客もこぞって沐浴をしています。 地元民は川の水で洗濯をしています。ただ、私は沐浴に挑戦することは出来ませんでした。 見るのと実…