ゴルフとテニス ときどき旅。

古閑美保流パンチショットの習得。サーブとフォアハンドの改善。海外22カ国渡航の記録。

左グリップに一切の力を入れない。 ゴルフ アイアン

今日は70点。

一回しかスライスしなかった。

 

左グリップに如何に力を入れないか。左中・薬指腹をグリップに添えるだけ。

f:id:saaik:20200531181657j:plain

左グリップ 中・薬腹をグリップに添えるだけ

 

右グリップは中・薬指でしっかりグリップする。

f:id:saaik:20200531181754j:plain

右グリップ 薬腹に豆が出来てる

右手でスイングする位で良い。

左グリップは一切の力を抜きたい。本当に指腹をグリップに当てるだけで、インパクト時にすっぽ抜けるような感覚。

f:id:saaik:20200531183952j:plain

左グリップ 親指を下に押し付ける グリップエンドダウン

右手でスイングして、左に引っかかった方が良い。ボールが捕まってくれる。

スライスする嫌な感覚より良い。

 

左グリップに力が少しでも入るとスライスが誘引される。

 

そのため、スタートの両手合わせグリップが先ず重要。

左親腹を右平親腹側に押し付けるように。そして右グリップは右中・薬指腹をグリップに添えるだけ。一切の力を入れない。

尚且つ、グリップはハンドダウンしたい。左親でグリップエンドを下に押し付けるような感じ。

f:id:saaik:20200531182330j:plain

左グリップ この時は少し指腹より奥に来ている

 

右グリップは中・薬指でしっかり握る。

右手でスイングしてしまって良い。右手までが緩むと、左手に一切力を入れてないからグリップが外れる。

完全にシャンクする。

それを修正しようとして、左グリップにも力が入り出すと、スライスのオンパレード。

 

両肩・上半身の力も抜きたい。

両脇を締めることは重要なのだが、両肩を突っ張り過ぎることで上半身に力は入れない。

上半身の力も抜いて、ゆったりスイングに繋げる。

 

今日は、スタート時のグリップ、具体的には左グリップを観察していて、自分にとって何が重要なのかを考えた。

左グリップは、中・薬指腹をグリップに添えるだけ。

グリップエンドダウン。

そして、一切の力を抜く。

 

5月は2万円をカードにチャージして、24回/月練習したね。まだ3千円分残ってる。やっぱり5千円のポイントがデカイね。

そして、振り返ってみると総じて50点以上の日が多かった。

これ、せっかくだから今度まとめてみようかな。

 

今日掴んだコツ・重要ポイントを6月もしっかり継続して練習し続けて、そして自分の良い感覚として昇華していきたい。

 

ゆったりとスイングできるようになって良かったね。

 

Fin