ゴルフとテニス ときどき旅。

古閑美保流パンチショットの習得。サーブとフォアハンドの改善。海外22カ国渡航の記録。

アプローチパンチショットが上手くいく理由。 ゴルフ アイアン

苦肉の策ではあるが、シャンクし出した時のエクスキューズになると思うと気が楽になる。

 

だからあまりナーバスに練習するのは辞めようって思った。

おかしくなったらApパンチショットに切り替えれば良いから。

 

さて、Apパンチショットが上手くいく理由を考えてみたい。

 

・グリップをしっかり握っている。特に右手がブレないから、そりゃインパクトでフェースの向きもブレないわな。

・両手グリップをしっかり密着させようとしている。左グリップを上に引き上げるような感じ。

・右脇が締まっている。両足スタンスを少し左に開いているからね。体の側をスイング出来る。

・同じくクラブを前なのか左側に振り抜きやすい。両足スタンスを左に開いているからな。

・力強いインパクトを体現出来ている。グリップがズレる心配がないから、躊躇なくインパクト出来る。

・テイクバック小さく出来ている。そもそもアプローチショットの延長だから自然とそうなる。

・インパクトが力強いから、インパクト後にヘッドが前へ走るよね。手が上に上がる悪癖に繋がらない。

・左グリップもしっかり目に握れているよ。メインは右手でがっつり握ってるけど、左は上に引き上げようとすると同時に、中・薬・子指でしっかり巻きつけてる感覚はあるよ。

・身体が前に突っ込まない。インパクト後、むしろ右足に重心が残るような感覚。それは左太腿の壁に通ずるところがあるのか。身体が変に開いたりとかになっていない。

 

youtu.be

・インパクトでスイングを緩めない

 

Fin