ゴルフとテニス ときどき旅。

古閑美保流パンチショットの習得。サーブとフォアハンドの改善。海外22カ国渡航の記録。

調子が良いけど。 ゴルフ アイアン

この2日間、とても調子が良い。

 

だけど、次に壊れる時が来るのが怖い。

調子良いなって思ってても、直ぐにおかしくなるのがアイアン。

 

6月の頭は、あまりにもシャンクが多過ぎて、ゴルフ練習するの辞めようって思った。

逃げ出したくなった。

でも6月だけは頑張ろうかって思った。

 

調子の良いポイントを書き記しておく。

 

先ずは

「今日もボールをパンチするぞと意気込む」

 

・両足閉じて

・両手合わせグリップ。右手を上に引き上げる

・左手下3本指で握って、親指を上から押さえつけ、左平は立てる。左手変な形してるよ

・両脇締めて、すると上半身に力入ってる

・アプローチを打つ時のようなグリップ。しっかりグリップ握る。特に右手しっかり

・下半身からテイクバック。それによってインパクトで身体が回る気がする

・テイクバック小さく

・インパクトでグリップがズレないように

・インパクトでボールをパンチする。手で振っちゃっていいよ。下半身からのテイクバックが手打ちを少し緩めてくれる

・ヘッドが低く前へ走って、手が前へ突き出る。手が上には上がらない。良い時は決まってインパクト後、手が、腕が前へ突き出てる

・インパクト後は右平で左親を押し潰してるグリップになってる。両手の一体感なのだろう

・アプローチパンチショットの時はインパクトの重心は後ろ足。身体を突っ込ませない。これは左腰の壁に通じるのでは

 

アプローチパンチショットの方がボールを力強く芯で捉えられて、ボール飛んでる。

 

だからアプローチパンチショットの練習はやり続ける。

 

インパクトでボールをパンチする意識を持つことにした

パンチショットの原点に帰った

ハーフショットとは違う

パンチショット。

この響きが自分にはしっくりきた。

インパクトでグリップが緩みやすい自分には。

 

グリップを極力脱力して、そしてゆったりスイングする。

これは理想なんだろうけど、自分には合わなかった。

シャンクが止まらなくなった。

 

だから、グリップに力が入って良いから、インパクトでグリップがズレないように意識を変えた。

インパクトでボールをパンチする。

インパクトでフェースをブラさない。

 

UTとDはフェースが軽いからグリップに力入れない。

Dは手で振らないことが大切。

 

左手の角度を一定に保つ。これも少し参考になった。

youtu.be

 

今は手に、グリップに力を入れている。

インパクトで力強くボールをパンチすることに集中している。

 

Fin